Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
斑入りフジバカマ 2017

ブラックレーベルから斑入りフジバカマを出荷開始しました。

昨年よりちょっと早い出荷開始でした。

蕾が可愛く、蕾から一部咲きで出荷しています。

開花した花からは良いかほりがします。

クリーム色の斑に淡いピンクの小花をつけます。

クリーム系の色合いとピンク系の色だとケンカしそうな感じですが、不思議とケンカせず、クリーム色と薄ピンク色がマッチしています。

ユーパトリウム ピンクフロストとかなり似ています。多分、同じだと思いますが、元株を斑入りフジバカマの名で入手しました。

ユーパトリウム ピンクフロストでない可能性も少なからずあるので、元株名の曖昧品種名の斑入りフジバカマの名前で出荷しています。

 

畑では2M超えの株です。

 

 

昨年2016より、ちょっと花のノリが足りない感じがします。2015年の感じと同じです。

6月〜7月上旬に雨がふらず猛暑日が続いたからだと思うのですが。

施肥のミスなどのテクニーク不足かもしれません。(施肥は昨年とあまり変えてはいませんが。春の土づくりをマイナーチェンジしてみました。)

葉茎の生育、栄養成長がやたらとしていますから・・・

7月25日現在は大雨で夜温も下がっているので、生殖成長が盛り返して来ると期待しています。

 

葉も斑入りで観賞価値があると思い、極力葉は付けるようにしてます。

それもあって、水は結構吸い込むと思います。万が一水落ちしたら、新聞紙等で包んで水に浸しておくと、戻ることでしょう。その際はクリザール等の切花処理剤を使用しると尚良いことでしょう。

因みに出荷時にはクリザールで前処理して水を吸わせて出荷しています。

 

まあまあな量はあります。昨年よりは量は採れると思います。

昨年同様、8月中下旬までの出荷予定です。

画像添付します。

 

可愛らしげな草花系はいかがでしょうか。

長くなりましたが、宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラ・フランスの実 2017

ブラックレーベルから今年もラ・フランスの実を出荷開始しました。

自然の歪感(イビツ感)、ゴツゴツ感。がカワイイと数年前から思っています。

実は秋に出回る食用のよりは小さく、硬い感じです。

夏の実もののエッセンスとしていかがでしょうか。

(蛇足ですが以前、ラ・フランスの実が溢れんばかり投げ入れされたガラスの花瓶がショーウィンドウにディスプレイされていて、夏の実を演出されているのを観て、感嘆していました。)

 

使い方は自由です。

いろんな使い方ができるのではないでしょうか。

どうぞお楽しみ下さい。

 

まあまあな量はありますが、8月初旬までで出し切りたいと思います。

よろしくお願いします。

 

画像添付します。

 

(画像はAppleレコードですが、ラ・フランスは西洋ナシです。)

 

 

 

 

 

ユーパトリウム “フローレプレノ”の出荷開始。2017

ブラックレーベルからユーパトリウム フローレプレノ出荷開始します。

葉っぱがヘンプの形に似ており、別名はhemp agrimony ヘンプ アグリモニーです。
メントールの香りがします。

隣のサクランボといつも同じタイミングです。
一本一本、ステージ確認しながらナイフで収穫しています。

日本では数人しか栽培してない品種のようで、レアな品種になるかと思います。

季節柄もありますが、水が好きなお花です。
花瓶のお水はたっぷりがいいでしょう。もし、水が不足して水落ちしていまったら、新聞紙などで包んで水につけると戻ることでしょう。

使い方は自由です。

まあまあな出荷はあると思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

今季は終了いたしましたが、ケシの実出荷しました。

草花生産初めてからずっとケシの実の生産をやりたいと思っていました。
とてもエロティシヅムで、オドロオドロしくなんとも言えない表情です。
種もケシ科の種はギリギリのラインなので、扱いがほぼなく、種の入手先もいろいろ探しました。

合法の種子です。

やっと、開花と結実しました。
販売する方もあぶない橋だと思ったので、マーケット評価はどうなのだろう
切れた本数はとても少なかったですが、試作で出荷したところ、予想以上に高評価で、嬉しい悲鳴でした。

量産したいと思います。
種を蒔きます。

再びマーケットに出荷できる際は宜しくお願いします。
 

 

 

カモシグサ 

ラムズイヤーが今季はコケてしまって、出荷するものがないなぁと嘆いていました。
嘆きながら散歩していましたら、、普段気にしていなかったイネ科の植物、カモシグサが目に入りました。
綺麗なんじゃないかと思いました。
しなるラインと紅色からメタリックシルバーへの花穂が。


自然の美、里山の美しさの切り取りを都会にお伝えするのを生業にしたいというのが根本的初心です。
その初心かもしれません。

出荷してみます。
クリザール前処理しました。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

ラムズイヤーの花を出荷開始しましたが。

ブラックレーベルからラムズイヤーの花を出荷開始いたしました。

しかし、今季はラムズイヤーの株が枯渇して、テクニック不足を感じています。
可能な限り出荷はしたいのですが、今季は壊滅状態です。

ラムズイヤーの圃場も変更で改植の予定です。

申し訳ございません。悔しい限りです。

一応画像添付します。出荷する際はクリザール処理もしています。

 

 

 

 

 

 

 

ナズナ

ブラックレーベルからナズナを出しています。
最近イスラエル産を中心にナチュラル草花系で流行っているようで、インスパイヤーされてみました。
実際、圃場の遊びのところに生えているのを摘んでみたり、野山に生えているのを摘んでみたりしています。
これもアブラナ科で、気温が上昇すると枯れてくると思いますので、それまでのスポット出荷です。

茎は硬めで、スポンジに刺しやすい感じです。
クリザール前処理済で、水あげして出荷です。


幼少の頃にでんでん太鼓のようにして遊んだ記憶が蘇ります。

よろしくお願いします。

 

多肉植物 イワレンゲモドキ 少量出荷

ブラックレーベルから多肉植物イワレンゲモドキを出し始めました。

例年よりかなり遅めです。

昨年から改植しました。

株の充実がないと昨年までの量は出せないと思います。

 

今の栽培方法でいいのかどうか、悩み中です。

 

多肉植物です。水に入れなくてもある程度の長い期間はお楽しみいただけると思います。

どんな使い方を皆様なさるのか、楽しみです。

使い方は自由です。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

ナズナ

ブラックレーベルからナズナを出しています。
最近イスラエル産を中心にナチュラル草花系で流行っているようで、インスパイヤーされてみました。
実際、圃場の遊びのところに生えているのを摘んでみたり、野山に生えているのを摘んでみたりしています。
これもアブラナ科で、気温が上昇すると枯れてくると思いますので、それまでのスポット出荷です。

茎は硬めで、スポンジに刺しやすい感じです。
クリザール前処理済で、水あげして出荷です。


幼少の頃にでんでん太鼓のようにして遊んだ記憶が蘇ります。

よろしくお願いします。

 

ハボタンの花

単発モノですが、ハボタンの花を出しました。
黒いハボタンなので、茎葉蕾は赤グロ系でオモシロイと思い、出荷しました。
ハボタンもアブラナ科の植物なので、花は菜の花の感じの黄色いお花が咲きます。

クリザール前処理済です。

単発ですが、よろしくお願いします。