Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
バジル パープルラッフルズ 

今期初種まきです。
フリンジ系のバジルで、いい感じです。花芽形成が遅目で綺麗。
でも、暑くてか水不足か、花芽形成の影響か、フリルが弱くなったのと色がちょっと抜けた感じもあり、花つきじゃない方がもしかして良いんじゃないかと悩んでします。花ついてた方が良いとは思います。ですけど、花芽形成前の葉がレッド・シルバーのフリルでカッコいいです。わからないです。バジルに聞いてみます。
そんなに多く作付けしていません。
今年は短期勝負になると思います。
 

 

 

事後報告。トゥルシーバジル 

災いを遠ざける植物らしいです。
幸せになれるらしい。アーユルヴェーダ系のハーブです。
験担ぎも兼ねて栽培しています。たまたまかもしれませんが、トゥルシーバジルを栽培してから、売上は上がった気がします。
生育はとても遅いです。
早蒔き、且つ高温続きなので紫の色素が薄いです。夜温下がれば独特な紫色が出てくるでしょう。

ミニー農場でも験担ぎ兼ねて栽培しています。
双方少量の作付けです。8月中で一旦終了になるかもです。あとは株の様子みてです。

 

 

 

事後報告になりますが、バジル各種出していました。ダークオパール。

ブラックレーベルからバジル4品種を出していました。
7月13日から出していました。
ダークオパール、トゥルシーバジル、パープルラッフルズ、試作パープルの4品種です。
バジルにフェチズムは抱いていませんでしたが、結局バジルフェチとなっています。
ダークオパール、トゥルシーバジルはミニー農場でも作付けしています。
ブラックレーベルのダークオパールはある程度収穫してしまいました。高温で開花が一気にきました。
ミニー農場はまだあります。

●ダークオパール
赤黒と深緑のコントラストが美しいと思います。
ブラックレーベルのダークオパールはある程度収穫してしまいました。高温で開花が一気にきました。
ミニー農場はまだあります。

 

 

 

 

 

ユーパトリウムのことならお任せください。と言われたくて。パート1 ファントム

3,4年前に植えたユーパトリウムのファントムとアトロプルプレアをテストリリースしました。
ユーパトリウムのことなら何でも聞いて!っていう存在になってみたくて、ユーパトリウムフェチになっています。
両品種とも、今年度はとても大きな花穂です。
あじさいぐらいのボリュームはあるんではないでしょうか。
畑の中ではとても綺麗と思いました。
咲く寸前の蕾の状態で出したかったのですが、「もうちょっと、もうちょっと」と蕾の膨らみを待ってしまい、且つ今年は暑くて開花が早くて、1から2分ほど咲いてしまっているので、来年の課題にしたいです。今年は引っ張り過ぎたのとフローレプレノにかぶってしまって、来年は1週間ほど早めにナイフを入れたいと思います。
ユーパトリウムと会話を蜜にしたいと思います。



仕事的にはとてもボリュームあって出荷箱にはせいぜい20本がいっぱいです。
運賃コスト計算と一株からまだ数本しか採れないのもあって、高単価設定にしないと赤字路線となってしまうということが悩みどころであります。
とてもボリュームがあるので、インパクティーな使い方になってしまうのでしょうか。
ハイドランジャーでもたまにやると思うのですが、花を分解して使うこともできると思います。
使い方は自由です。
よろしくお願い申し上げます。
2品種ともクリザール前処理済です。
水揚げは容易に上がると思います。





●ユーパトリウム ファントムは 1mぐらいのピンク紫系のお花です。
80センチで出荷しています。
茎も固く握りやすいです。
増やして行きたい品種です。

 

 

 

 


 

ユーパトリウム “フローレプレノ” リリース開始 2018

ブラックレーベルよりユーパトリウムのフローレプレノを出し始めました。
淡い桃色のお花と涼し気な葉です。葉はクールなメントール系の香りがするのは私だけでしょうか。

ブラックレーベルの圃場で6月は雨がほとんど振らずに生育が止まってしまって例年より二週間遅れの出荷です。
そして、圃場のフローレプレノは少し短い気もします。普段は80センチ規格ですが、70センチ規格もだすかもしれません。


また、春の雪解け後にモグラとネズミに株をやられて出荷見込み数量は30パーダウン見込みです。
期間は例年並みの7月末位までもって行きたいですが、毎回の数量は減ると思います。ご了承ください。
今年はモグラ、ネズミがとても多いです。そして、何年ものの株を一瞬で枯死させていくさまをみてると震えがとまりませんでした。
モグラ対策の農政の指南書がなく、10円ガムで対策しています。
なにはともあれ、出せるものは出していきます。ベストパフォーマンスはしたいです。

水を沢山吸う植物のようです。
花瓶に沢山の水をお願いします。

クリザール前処理で水を最大限に含ませて行きます。
よろしくお願い申し上げます。
 

 

 

 

【完売御礼】 ケシの実

今年もケシの実を出荷させていただきました。
お陰様で多数のご注文いただきまして、完売状態となっています。ありがとうございます。
もともと作つけ面積は少ない上、ポピーののうようには一株から多数は採れません。
今年の豪雪が原因でか、ネズミに根っこを多数かじられて植え直しも行いました。
また、昨年つくった苗も定植して随時拡大中です。

花もとても大きく毒々しくセクシーなのですが、短命なので商品化はかなり道のりが長いです。水も上がりにくいかもしれません。
実はとてもグロかわです。
最初はフラワーネットを張っていましたが、曲りもつくりたかったので、フラワーネットを今年は剥がしてみました。(曲り規格というだけでB級品扱いは納得いってない。)曲がってると味のあるラインが作れると思うんです。

この品種は合法な品種です。
ずっと以前からケシの実はつくってみたかったのですが、種子の入手の際、日本の種苗会社ではケシ科植物はなにかと事故が発生するので、なかなか扱ってくれません。
正規な方法で入手してみました。
ギリギリを攻めてみたいとおもっています。
警察がきたら面白いかなぁと思っていますが、まだ来ていません。

順次栽培面積拡大しています。
よろしくお願いします。

ドラッグ・カルチャーは大好きですが、ドラッグはだめです。悲しくなります。

このケシの実は視覚からの刺激でアッパーになります。

 

 

 

 

 

花の画像

 

 

 

 

 


 

レンゲモドキ 

ブラックレーベルから多肉植物のイワレンゲモドキを出荷開始しました。

画像の左下側が大〜特大 直径約5〜8センチ、右上は小〜大の直径約3〜5センチ規格です。

 

二年前の改植からゆっくりと生育はしてるものの、本当にこの植え方でいいのか?っていう疑問符を持ちながら観察しています。

気温が高温になると、体が緩くなりますが、寒すぎると縮こまって小さすぎます。

一番いい状態と判断した時に収穫しています。

 

今年も少なめの出荷となります。

 

 

多肉植物です。水に入れなくてもある程度の長い期間はお楽しみいただけると思います。

ワイヤリングとかしたら汎用性も効いて来るのではないでしょうか。
どんな使い方を皆様なさるのか、楽しみです。
使い方は自由です。とてもフリーダムです。

5入りのパックで出荷です。

 

よろしくお願いします。

 

 

 


バックはLPです。フィフス・ディメンションです。

 

曲のリズムが一気に変わるところがゾクっとします。


 

 

ナズナ

ブラックレーベルからナズナを出荷開始しました。
畑の野原から収穫です。
野山を演出するアイテムだと思いますが、リアルに野山からの採取です。そのまんまです。
野採り標記です。


クリザール処理します。エコゼリーも付けてます。
先端にアブラムシが付きやすいですが、ちゃんとチェックします。


母の日までもいけそうです。潤沢にあります。よろしくお願いします。

画像添付します。

 

 

 

 

ハボタン エレガンス艶

ブラックレーベルから今年もハボタン エレガンス艶を12月頭ぐらいから出していました。
出来はまあまあだと思います。
ただ、昨年からウィンターチェリーにとって変わるぐらいの市場への入荷量が増えていて、量メインの方にどうぞ〜という感じがしていて、作付け量は半減させています。
とてもいい品種です。
本当はもっとつくりたいのです。
なんで注文単価をその値段でまわすんだろう。安価にしなくても価値ある品種だと思うんですよね。過当競争というか、その渦にあまり巻き込まれたくないので半減させました。

もうちょっと、ゆっくり品種を温めたらいいとおもうんです。
ウィンターチェリーから一気にシフトして相場崩して、エレガンスの価値を下げてはエレガンスという品種の耐用年数が早まるだけだと思うんですよ。


と、独り言です。


クリザール前処理済です。
年末までいきます。
HEADが小さめ(直径約4〜6センチ)規格もぼちぼちあります。
ホワイトレーベルからも仕立ては違いますが、行きます。


バックはLPです。銀杏ボーイズのエンジェルベイビーのジャケです。
よろしくお願いします。

 

 

 

 



 

ハボタン ブラックエンジェル艶 2017

ブラックレーベルからブラックエンジェル艶を出しはじめました。

昨年はFR黒481の試作番号の名前で出ていた品種です。

 

例年だとブラックレーベルの圃場は鼻が垂れるほど寒いのですが、今年は優しい寒さです。

だからでしょうか、葉の巻きが甘い感じです。

定植が雨で遅れた為、追いかけの液肥もやったためでしょうか。

晴天の夏日が少なかったからでしょうか。

色ももうちょっと黒さが欲しいと思い、選抜収穫しています。

丈が長いところは色ノリが良くないです。

一気に黒くなる品種と認識しています。

出荷量も勝とうとしていませんし、丈の長さもどうでもいいと思っていますが、発色色つやだけはNo.1になりたいと思っています。

ブラックエンジェルですと、ドス黒さ勝負です。

 

昨年の記憶と画像だと、もうちょっと締まって丸く収まっていた気がします。

今はちょっと拡がっている気がします。

それはそれで、アレンジメントの埋めなどにいいと思うんです。

 

ハボタン=正月の固定概念イメージを打破する品種だと思います。

ハボタンは正月以外にもあっていい美しさですし、花屋さんが正月のイメージ強いからと敬遠する理由は販売ロスに繋がらないかと思うんです。

花屋さんにも儲かっていただかないと生産する側にも御利益が回ってきませんから。

(その辺書きだすと、長くなりますから、やめておきます。)

ですので、11月からだしたかったのですが、色ノリが芳しくなく、12月頭に入りました。

エレガンスを弱気にしてブラックエンジェルは強気のさく付けしています。

 

白い粉に見えるブルームをとって艶を出す処理をしています。

艶を出すというか、厳密に言うと、ブルームを取り除いてハボタンの色を出そうという処理です。

 

いつもの如くクリザール前処理しています。

 

 

年末まで行きます。

ホワイトレーベルでも試験作付しています。

リレー出荷していきたいです。

 

ご愛顧宜しくお願いします。

 

バックはLPです。

LED元や太陽光元や、光のフォーカス変えたりといろいろ試しましたが、デジタルではうまく黒さが伝わらなく、光加減で大幅に表情がかわります。相変わらず、写真撮り下手です。