Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
サマンサクロー ダークレッド 

ミニー農場から昨年同様 サマンサクロー ダークレッド出荷開始しました。
深い赤色と下へのラインは遊び要素があり、様々なアクセントで使えるのではないでしょうか。
今年は茎を長めに付けているつもりです。
気温が低下するともっとダークが増してくると思います。

クリザール前処理すみです。
まあまあな作付です。
昨年並の収穫期間ですと、10月末ぐらいまでいきたいです。
ダラダラ出荷でいきたいと思います。

画像添付します。

 

 

 

 

ヒマ “カルメンシータピンク”


ヒマ カルメンシータピンク 少量ですが昨年に続きリリースいたします。
有毒性の植物ですが、とてもカワイイ色とエロティックかっこいい形だと思います。
ヒマの赤色はよく目にするとは思いますが、これは桃色系です。
昨年種苗会社様に教えて頂いたアイテムです。

ここは日本ですがフランスの香りがするためバックLPはフランス・ギャル。


以下長文です。下のほうに画像のっけます。
少量ですが、よろしくお願いします。


今年初め、その種苗会社さまから連絡ありました。
「ヒマを悪用した事件が起きたから、今年はヒマの栽培は控えたほうがいいかもしれない・・・とある産地はコンプラ違反(?)で自粛するそうで・・」

調べたら、事件は起きていました。バカですね。
ただ、そのまま使ったのか、なにか細工したのか調べてもみました。事件にするには濃縮加工などが必要となるようです。その方法は勿論どこにも乗っていません。

Bouffier側も一瞬、作付中止にしようとしました。
一瞬だけ。
エロカワイイ、ヒマには罪はありません。それを生産し販売しエロかっこいいのを楽しむのには全く罪はありません。
悪いのはバカをやった人です。

包丁で事件が起きたら、包丁の出荷が停止しますか?しません。包丁は悪くありません。

私達Bouffierのコンプラ(?)はギリギリのラインを攻めていく事なので、他産地が自粛するのであればやりますし。、
作付をやめる事はそのバカな人に屈することを意味するんじゃないか?と怒りさえ覚えてきました。

自粛自粛と息苦しい世界になるのもとても悲しいです。
花の世界の自由感を自ずと首絞めたくない義務感からも作付出荷しました。
種も倍増発注掛けました!生育ちょっとしくじって、少量出荷となりました。

長くなりましたが、よろしくお願いします。
有毒性植物なのはかわりありませんので食べないで下さい。
目で楽しんで頂きたく思います。
 

 

 

 

おもちゃスイカ 

ミニー農場からはおもちゃスイカのリリース開始しました。

そしてこれでも本物のスイカです。薬剤処理等で小さくしたわけではなく元々小さい品種です。

 

縞模様が摩訶不思議模様。

大きさはピンポン球からゴルフボールから拳の大きさぐらいまで。メインはピンポン球からゴルフボール位。

 

表皮はとても硬く傷がつきにくい感じです。日持ちもします。

 

扱い易いのではないでしょうか。

 

ただ、作付はまあまあしてるのですが、生育が非常に遅いです。

よって、今は少量出荷の予定です。山形でも作付していますが、出荷にはまだ至らず。

 

 

使い方は自由です。どうぞご自由に遊んでください。

 

 

おもちゃメロン 2016年

ミニー農場より今年もおもちゃメロン出荷開始です。
旧盆になんとか間に合いました。
お盆商戦に充てがえられる感じです。
MIXで出荷です。
もう少しするとMIXの種類も増える見込です。

ウリ科の植物です。
オモシロイ形をご自由にお使い下さい。

ある程度作付はしています。
途中出荷が途切れるかもしれませんが秋まで出荷続けたいです。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

試作 ペニセタム “ビローサム”(ギンギツネ)出荷

ミニー農場で数年前から試作しています、ペニセタム “ビローサム”が出荷できそうなので出荷します。

和名はギンギツネ・・・

今年はまだまだ試作で極々少量です。

雑穀シリーズ第三弾になり得るかどうか。

 

 

イネ科植物で、長めの銀白色の穂が魅惑でしょうか。

 

最近、イネ科系の草花が陽の目を見てきています。そのお仲間に入られれば嬉しいです。

ナチュラル感を出すエッセンス、涼風のフィーリングにいかがでしょう。

使い方は自由です。

 

一応秋まで極々少量出す見込ですが、試作のためいつ出荷が終わり、途切れるかデータをとって行きたいです。

急に終了になるかもしれませんが、その時はご了承くださいませ。

 

クリザール前処理済です。

画像添付します。バックはLPです。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

アワ“紅孔雀”出荷開始 2016 状態は良好(当社比)

ミニー農場から雑穀シリーズ第二弾のアワ 紅孔雀をリリース開始します。
(雑穀シリーズ第三弾は今のところ模索中です。キビ系は以前やってみたものの、色々あって棚上げ)

花ヒエ フレイクチョコラータ同様、つくりかたを変えてみました。コストは以前よりかかってますが、硬いものが出来上がっていると思います。
副作用で例年より平均身長は短くなっています。しかし、60〜80センチは取れる感じです。
そして、今年は夜温が低いのもあってか、つくりをマイナーチェンジしたからか、繊毛の発色が非常にいい感じだと思います。(当社比)
温暖な今時期にしては”紅孔雀”の品種名のように穂先の繊毛の先が紅色です。
画像添付します。

クリザール前処理済です。

作付はまあまあなりょうで、ずらしずらしで作付していきたいと思います。途中出荷が途切れることご了承いただきながら、例年通り晩秋まで出荷を引っ張りたいです。


よろしくお願い申しあげます。





ラムズイヤーの花(蕾)ミニー農場より、リリース開始 2016
ミニー農場からラムズイヤーの花(蕾)を出荷開始しています。
薄紫の小さな花が数多く付く卵の形より早いステージで切っています。
理由は薄紫の花弁は短命ですぐ茶けてしまうことと、このステージがラムズイヤーの一年の中で一番フサフサしてる部位とタイミングであると思ったからです。

(と、毎年同じ事を思っています。過去の投稿文を見ても、同じような文でした。)


画像添付します。
クリザール前処理済です。


ミニー農場出荷分は母の日まで少量ですが、コンスタントで出せそうです。
ミニー農場終了の後のバトンは山形ブラックレーベルが引き継ぎ、そのまま出荷継続予定です。


よろしくお願いします。






セントーレア マジックシルバーの花(蕾)
ミニー農場からセントーレア マジックシルバーの花(蕾)を出荷開始しています。
マジックシルバーもセントーレア矢車草の仲間なので、イエローサルタンちっくな花の形状です。
花弁は黄色ですが、花弁が開かない蕾で出荷します。茎はシルバーで、蕾もシルバーです。
昨年より長さが若干長いです。
5月中下旬までいけると思います。ある程度の量はある感じです。

クリザール前処理済です。
画像添付します。
バックはLPです。数年前のLPジャケットと被りましたが、今年撮影です。



六条麦 出荷します。2016
ミニー農場より今年も六条麦出荷します。
潤沢な作付ではあります。出荷は今のところ弱気ですが、相場状況で強気に変化していきたいと思います。

当方Bouffierの六条麦はお気軽に購入しやすさ求め100本入りからの小ロットです。ロットも150とかでも言ってくだされば対応させて頂きたいと思います。
また、クリザール前処理、気温上昇で葉先が黄色くなる時はハサミで葉先カット。
せっかく畑では真っ直ぐなのに輸送で湾曲に曲がるのが嫌なので、出荷時は縦積み出荷で極力曲りは少なくしているつもりです。(真っ直ぐである必要はもしかしたらないかもしれません。自己満足的かもしれません。)

気温上昇で実が入り黄色くなる4月中下旬まででしょうか。

画像添付します。
スカしてるわけではありませんがよろしくお願いします。


ケール ドレッシーアフロ ステムとグリーンアフロ ステム
ミニー農場からケール ドレッシーアフロステム(画像右側のダークレッド)とグリーンアフロ ステム(画像左側のライトグリーン)を出荷開始しています。
 
ケールのドレッシーアフロとドレッシーグリーンはリーフ出荷もしていましたが、リーフ出荷も後半となりステム出荷にフェードインとなりました。
 
ステム標記とは根本から切る一本切りです。
栽培方法の違いから太めでボリュームあるタイプと茎は細めでスレンダーなタイプがあります。
画像は太め標記のタイプです。
 
ボリュームはあり、一本でも存在感はあると思います。
クリザール前処理すみです。

 
作付量はまあまあな量です。気温上昇すると抽台して出荷不能となりますが、それまで出荷したいと思います。
昨年の出荷は3月27日ぐらいまでだしていました。販売動向で前倒しになる可能性は極僅かにありますが、今年は3月中旬までは行けそうです。(気温に左右はされます。)
よろしくお願いします。