Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
合法的ケシの実

ブラックレーベルからケシの実を出荷しだしました。

花がとても美しいのですが、開花期間が短いのと、蕾から切って咲いても、色が褪せるので収穫はしませんでした。

ただ、ケシの花(合法)をいろんな方に観て頂きたいという、欲望に駆り立てられ、近隣の友人たちを呼んでいました。

もっと観てほしい。いろんな人に観てほしい。

昨今流行ってるInstagramのBouffierアカウント(https://www.instagram.com/bouffierjp/?hl=ja)やFacebookのBouffier(https://www.facebook.com/bouffier.jp/)ページでアップしてみました。

 

実はとてもグロくてかわいいと思います。

曲がりもありますが、曲がりは空間の流れがつくれるので、むしろ素敵だと思っています。B品扱いとは思っていません。

使い方によっては、曲りのほうがとてもインタレスティングでエネルギッシュなおもしろい空間をつくれるのではないでしょうか。
(最後の画像)

 

ケシ科で栽培していけない品種はあります。理由はちゃんと理解しており栽培はしたくないです。

ただ、つくっていい品種もあります。それはずっとつくりたいと思っていました。

ケシ科の花や実はとても美しいので、ケシということで悪とされるのが、とても苦しいです。

ですから、あえてケシの実として出荷します。

ギリギリを攻めるのが大好きです。

 

視覚的にお花の、植物の中毒者を沢山出したほうが数万倍素晴らしいことかと思っています。

そして、お花・植物を笑顔で元気に愛でる中毒者が世界中に溢れていく様のほうがなんて、楽しいことでしょうか。

 

 

ケシ科植物は毒々しさも兼ね備えた独特の美しさだと思っています。

それを、世に出して観てほしいという思いです。

美は全てを超越すると思っています。

 

 

相変わらず、根っこはネズミの大好物です。


バックはLPです。
私の好きなジャズミュージシャンです。
Casa Forteは特に好きです。

クリザール前処理しています。





画像添付します。(なぜかジュゲムブログにアップすると画像が回転します。)

 

画像最後のは、曲り表記です。

 

 

どうぞ、グロくてかわいく、オドロオドロしさをお楽しみください。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする