Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
かぼちゃ ベレー オブ ゴッホ 2018

 

今年も かぼちゃ ベレーオブゴッホ を出荷します。

直径20〜25センチぐらいの中玉品種です。

ベレー帽という品種と似ていますが、ベレ帽ではないです。一年目はベレー帽だと思っていましたが、色ノリが違ってました。

そしてベレーオブゴッホはベレー帽と違い、色に個体差はあります。そして、下部のヘソ突起にも個体ムラがあります。

Bouffierのwhitelabel、redlabel、purplelabel、blacklabelから出します。

といっても、作柄はlabel毎様々です。

生育期に山形は雨振らず、アブラムシ等々でのウィルス被害や様々な要因です。

 

whitelabelは前年比60% 若干色が薄い気持ちですが、状態良好です。

purplelabelはアブラムにやられて前年比、50%、緑系の個体が多めです。

blacklabelはアブラムシにやられました。猪の食害にやられて前年比10%ぐらいです。ほぼ緑の個体です。オレンジ系の個体は猪にかじられました。猪は匂いとかではなく目視で判断してるんじゃないかと推測できる案件です。

redlabelは前年は二年前は実らずに出荷無しでしたが、今年は二年の研究の末、豊作です。

状態もとても、良好です。

画像はredlabelの画像です。

 

Bouffier内で様々なlabelで作つけしてるので、どこかでコケてもどこかで出荷が可能となるリスク分散機能が今年は発揮しました。出せて良かった!って自分で自己満足していました。

blacklabelだけだったら、今年のベレーオブゴッホの出荷は1ケースだけでした。

 

カボチャ ベレーオブゴッホは9月いっぱいで出し切る予定です。

ベレーオブゴッホに『綺麗さ』は求めませんでした。

油絵のタッチのような色ノリで、いかに気持ち悪くつくるかに注力しました。

よろしくお願いします。

 

大人の話ですと、カボチャ中玉、大玉は運賃コストとの戦いです。入り数増やすと重量オーバーとなります。

希望単価はもしかしたらちょっと高めかもしれません。

でも、当方の既存輸送手段ですと、そんな計算になってしまいます。

毎年継続的に出荷したいためにもその希望単価設定とさせてください。あくまで希望単価です。

 

 

また来年も気持ち悪いカボチャ、ベレーオブゴッホを出したいです。出します。

 

どうぞ、お楽しみください。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.bouffier.jp/trackback/1298516