Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ハボタン ブラックエンジェル艶 2017

ブラックレーベルからブラックエンジェル艶を出しはじめました。

昨年はFR黒481の試作番号の名前で出ていた品種です。

 

例年だとブラックレーベルの圃場は鼻が垂れるほど寒いのですが、今年は優しい寒さです。

だからでしょうか、葉の巻きが甘い感じです。

定植が雨で遅れた為、追いかけの液肥もやったためでしょうか。

晴天の夏日が少なかったからでしょうか。

色ももうちょっと黒さが欲しいと思い、選抜収穫しています。

丈が長いところは色ノリが良くないです。

一気に黒くなる品種と認識しています。

出荷量も勝とうとしていませんし、丈の長さもどうでもいいと思っていますが、発色色つやだけはNo.1になりたいと思っています。

ブラックエンジェルですと、ドス黒さ勝負です。

 

昨年の記憶と画像だと、もうちょっと締まって丸く収まっていた気がします。

今はちょっと拡がっている気がします。

それはそれで、アレンジメントの埋めなどにいいと思うんです。

 

ハボタン=正月の固定概念イメージを打破する品種だと思います。

ハボタンは正月以外にもあっていい美しさですし、花屋さんが正月のイメージ強いからと敬遠する理由は販売ロスに繋がらないかと思うんです。

花屋さんにも儲かっていただかないと生産する側にも御利益が回ってきませんから。

(その辺書きだすと、長くなりますから、やめておきます。)

ですので、11月からだしたかったのですが、色ノリが芳しくなく、12月頭に入りました。

エレガンスを弱気にしてブラックエンジェルは強気のさく付けしています。

 

白い粉に見えるブルームをとって艶を出す処理をしています。

艶を出すというか、厳密に言うと、ブルームを取り除いてハボタンの色を出そうという処理です。

 

いつもの如くクリザール前処理しています。

 

 

年末まで行きます。

ホワイトレーベルでも試験作付しています。

リレー出荷していきたいです。

 

ご愛顧宜しくお願いします。

 

バックはLPです。

LED元や太陽光元や、光のフォーカス変えたりといろいろ試しましたが、デジタルではうまく黒さが伝わらなく、光加減で大幅に表情がかわります。相変わらず、写真撮り下手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.bouffier.jp/trackback/1298485