Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
温故知新で紅花“最上” 

パープルレーベルから紅花「最上」を出荷開始しました。
“らしく”はなく、紅花の栽培です。
ザ!紅花っていう品種です。


最上という品種は山形の在来品種のようで、正規ルートでの種子の入手の際、栽培等は山形限定の品種です。(種が直売所とかでも売られてるのでゆるいはず。)
江戸時代などでは染め物や口紅の染料として用いられた品種で、山形ブルースの品種だと思います。
まだ勉強していませんが、花魁文化にも通ずるなにかを感じます。

現在、様々な品種が品種改良されて世に出回っていると思います。
その品種改良された品種はトゲがない方が重宝されて、シェアを占めているのも承知です。
ただ、ブルースちっくな最上紅花はあまり観ません。
最上紅花が出回っていないのが、解せない感じになりました。
(山形紅花という名前で出荷してるのもありますが、観てみたら、トゲもなく、なんか違いました。)
景観や観光で栽培はされてはいるものの、切花で生産出荷されているのは目にしませんでした。
文化継承とは大事な表現かもしれませんが、なんか、やらなければいけない感が漂いました。
山形の在来品種であり、いろんな歴史もある品種をつくって、出荷したくなりました。



トゲはありますが、色素が濃いと思います。
ボリュームがある仕立てです。

ジブリ映画のおもひでポロポロに出てくる品種の紅花です。
タエ子が触って「イタ!」って言ってる品種です。

7月中のの短期間出荷ですが、ブルースちっくな最上紅花をお楽しみください。
使い方は自由です。

クリザール処理しています。
7月4日時点、ハモグリバエなどの害虫等の影響も少なく、状態は良いと思います。

一応ブラックレーベルでも作付けしています。

画像添付します。

よろしくお願いします。

五本束

 

 

 

 

一本

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.bouffier.jp/trackback/1298472