Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アマランサス実験君 大きな差が生じる。
大きな変化が表れました。7月25日現在。
気温、暑すぎる、35度。
水道水で水揚げしたのが、気温の暑すぎか、自然の摂理か、萎れる一歩寸前。
クリザール処理した方はまだいけそうです。
画像添付いたします。
左がクリザール処理。右が水道水。
やはり、クリザールは効きますね。

実験に勝る評論はなし。

7月8日に切って、25日までこの状態。17日間、楽しめそう。
ただ、輸送のストレスあるので、期間は縮まると推測します。

もうちょっと、何もせず、見ておきたいと思います。
約、一週間、遠いところに行きますので、帰ってから、アップ。

加水、切り戻しせず。










アマランサス 実験状況

アップが遅くなってしまいました。
7月19日現在の画像です。
約、一週間以上持ってます。
水道水で水揚げしたアマランサスが垂れてきました。

クリザール処理のアマランサスは上を向いてます。

結果が分かれてきました。

常温にて管理。
加水せず。






アマランサス 水揚げ実験
引き続き、アマランサスの水揚げ実験です。
7月14日23時30分の画像。
あまり、変わりはないですが、水道水であげた方が、ちょっと、垂れてるかな?と思う程度です。
水換えせず。
切り戻しもせず。
水も加えず。

画像左が、クリザール・メリア処理。右が水道水にて。
紙の部分が反射してしまいました。





アマランサス実験君続き
7月11日(日曜)12時30分頃、温度、27度。暑い。蒸し暑い。
双方ともしゃきっとしてる。
水道水を加える。水替えはせず。

気持ち、花穂が開いてきてるようにも思えます。

屈地性の凄さ、植物の生命を勝手に感じる。






アマランサス実験2 ブラックレーベル。
7月9日20時ぐらいにクリザール処理も水道水で水揚げも新しい水に変える。
(クリザール処理の基本は10時間処理でしたが、約10時間オーバー。)
今は双方とも、しゃきっとしてます。出荷物だと(エコゼリー付けてますが、)時間的には市場に着くか着かないかのタイミングです。

葉を取った後の茎も黒くならず。
常温で実験です。冷蔵庫に入れると逆に夏物は温度差のストレスで一発アウトだと思います。(動作確認はしてませんが)
エンドユーザー様は冷蔵庫で楽しみませんからね。
花屋さんで言うと“キーパー”ってやつです。
昼温28度、夜温25度。暑い。室内で日陰も日陰。
切り戻しは双方ともせず。

画像左側がクリザール前処理済み。右側が水道水にて水揚げ。








アマランサスの水揚げ実験。ブラックレーベル
 
ブラックレーベルからアマランサスのホットサラダ、ホットビスケットを出荷させていただいています。

持ちが悪い、水揚げが良くない?とは本当かなと思い、実験です。
クリザールは必要ないんじゃない?とか言われ、クリザール使用時と水道水のみとの対照実験。
同じ結果であっても、クリザールは使います。
ある意味、精神安心剤。

7月8日 アマランサス、17時頃切る。
クリザールメリア使用と水道水で二つの実験を開始。
その時の画像添付。背景は許してください。