Bouffier(ブフィエ)  ブログ

Bouffier,terraが花、草花、葉物、実物の出荷情報メインでブログります。
bouffier
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
晴耕ama読ー amazonで読書
雨の日の作業靴
主な出荷先市場
主な出荷先市場検索  切り花
大田花き・・・ミニー・ブラックレーベル

世田谷花き・・・ミニー・ブラックレーベル

仙花・・・ミニー・ブラックレーベル

なにわ花市場・・・ミニー

名港ブリッジ・・・ミニー・ブラックレーベル

姫路生花・・・ミニー・ブラックレーベル

山形生花・・・ブラックレーベル

鉢物


大阪植物取引所・・・ミニー

FAJ・・・ミニー・ブラックレーベル

豊明花き・・・ミニー・ブラックレーベル

google
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ルピナス “ピクシーデライト”

ミニー農場からルピナスのピクシーデライトMIXを出荷開始しました。

小花系のルピナスです。

優しい感じのルピナスです。

丈の長さはそんなに出ない品種だと思っていますが、丈の長さに重要意識は持っておらず、それより花のキラキラ感と全体的な空気感に重要視しています。

 

 

昨年も作付していましたが、昨年は出荷に至りませんでした。

今季は念願の出荷にこぎつけました。

 

作付け量は結構あると思います。

気温にもよりますが、4月中旬ぐらいまで出せそうです。

 

追って昨年も出荷いたしました、青い傘咲ルピナスも出荷いたします。

 

 


バックはLPです。

The James Taylor Quartet - The Money SpyderのLPジャケットです。

 

https://youtu.be/uJK3f-NumVc

 

Quartet は四重奏の意味です。

ピクシーデライトMIXの色も約四重奏ぐらいです。

種子情報ですと、淡い青紫系、桃色系、白系ですが、中間色的なのがあります。

 

アネモネは単色出荷が基本ですが、ピクシーデライトははっきりと分けることが容易でないのでMIXでの出荷です。

色のトーンは同じだと思います。

 

クリザール処理しています。

フラワーマイスターにも上場させて行きたいです。

春の便り、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

アネモネ せントブリジット 3色 ~minny label~

2019年亥年 新年あけましておめでとうございます。

今年も攻めの姿勢で邁進していきたいと思います。

猪突猛進でいきます。

(既成概念を払拭したお花の、植物の美しさを求め、行き着く先は審美眼や美的感覚の共鳴を求めて行きます。)

minny ,black white,red,purple、各々のLabelを

今年もよろしくお願いします。

 

ミニーレーベルからアネモネのセントブリジットを昨年末から少しづつ出していました。

3月までの出荷見込みでダラダラと出して行きたいと思います。

1月初めの今はまだよく採花できませんが、2月ぐらいから潤沢出荷になると思われます。

 

色はホワイトとバイオレット(青紫)とローズ(赤紫??)(画像参照)の三色です。

基本は採花できれば単色出荷を予定しています。

MIX出荷も可能です。お問い合わせいただければ幸いです。

 

セントブリジットは八重のアネモネです。

一重のアネモネより茎は短いですが、その八重の美しさと生命力のエネルギーに惚れ込んでいます。

 

出荷時は蕾ですが、咲いてくると重なった花弁がなんとも言えないです。

使い方はもちろん自由です。奇想天外な使い方を心待ちして拝見できることを期待します。

 

今年は例年より球根の状態がよくて、花も大きめです。

 

 

クリザール前処理済です。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

あわ 紅孔雀 色のり良い。 

今週9月10日ぐらいから、香川ミニー農場のアワ紅孔雀の紅の色のりがよくなってきています。
夜温などがいい感じになってきています。
画像添付します。
秋の空気をお楽しみください。

※『秋色』の表記はもっと紅くなって、真紅になってきます。
 

 

 

フレイクチョコラータのHEAD大 表記

フレイクチョコラータの「HEAD大」 表記を出しています。
新たな圃場箇所のが今までよりも数段大きな花穂なので、「HEAD大」 表記に区別しました。

アワの紅孔雀も同様です。
季節柄、紅の色が薄いですが、これから夜温が下がってくると紅色が増してきて、秋色表記のときはあまりの紅葉さに高揚します。

比較画像添付します。


よろしくお願いします。

 


 

 

おもちゃメロン 2018

ミニー農場より おもちゃメロン を出荷しました。
作付け量は昨年同様です。しかし、この前の豪雨で水没箇所があるため、前年比1〜2割減と目測しています。
5種類ほど植えていますが、早生、晩生があるので、おおよそ3,4種位になると思います。タイミングにおいてはすべての品種がMIXになる時もあります。

本格出荷は8月上旬からとなります。今はまだ出始めの感じです。

ククミスとおもちゃメロンとの違いですが、ほとんど違いはないと思います。
種子を購入した時点で「おもちゃメロン」でした。
なぜ、おもちゃメロンかと言うと、おもちゃメロンMIXの中にはククミス以外のセーネリアという品種も入っているので、厳密には「ククミス」ではないって言うことです。
ただ、ここ数年セーネリアは定植していないので、当方からのおもちゃメロン=ククミスです。
今後、ウリ科で似たような品種みつけたら おもちゃメロンMIXの一つとして組み込みたいのでおもちゃメロンで行きたいと思います。
ククミスのご注文を当方のおもちゃメロンで充てがって頂いても、正解ですし、その逆も正解です。

出荷は例年通り9月いっぱいぐらいまで行ける予定です。
8月のお盆需要にも行きます。

よろしくお願い申し上げます。
画像添付します。

 

 

 

ヒマ カルメンシータピンク 2018

ミニー農場より今年もヒマのカルメンシータピンクを出荷開始しました。

作付け量は多かったです。

大雨で多くの株が水ヤケしてしまいました。大雨から生き残ったのから出してきています。復活してきた株もあります。

 

一気に出す予定でしたが、綺麗なものから少しづつ出していきたいと思います。

途中出荷が途切れると思います。

今の夏場に波が来て秋にも出荷の波がある予定です。



長さはツマミの長さで出しています。
普段使いのブーケとかにいれたらいいんじゃないかと思っています。
使い方は自由です。


毒性植物ですので、食したりはしないでください。目で楽しんでください。



作付け動機は例年と全く同じです。

以下去年の文です。
「数年前にヒマを使った事件が起きて、同じ品種を生産してた産地が自主規制(?)で生産をやめてしまった。(大きなモノを背負ってるから、それは致し方ないと思っています。)
僕達も一瞬生産をストップしようかと思ったが、そんな事件を起こしたヤツが悪いのであって、ヒマは何ら悪くない。生産してるのもなんら悪いことはしていない。購入して愛でてる事はとても素晴らしい事。
その一連の流れをバカな事件のために自主規制してなるものか。
自主規制、自主規制、とノイズが多い世の中。
僕たちは大きな看板は背負い込んでないし、とても身軽だから、自主規制というのはとても縁遠い言葉です。
自主規制しなくても失うものはあまり考えられず、自主規制したら取り返しがきかないぐらい大きなモノを失いそうでした。
「ヒマ、唐胡麻を生産してる」という非難がもし来たら、それはそれでよろしいです。


花の世界は自由だと思っています。なんでもありの世界だと思っています。そんな花の自由な世界を自分で狭くしてなるものか。
そこで、僕達がヒマ カルメンシータピンクの生産出荷をやらなきゃいけないという義務感を勝手に感じちゃったわけです。(他のカルメンシータピンクの産地がやめたから尚更。)

悪いことした事件にヒマの怪しげなエロかっこよさを葬る権利は全くないんです。
その事件は花の美の世界、花の自由への宣戦布告と勝手に感じました。

宣戦布告に対し僕たちはカルメンシータピンクの種を蒔き生産することで応戦を決意しました。
で、悪いことした事件からヒマのエロ可愛さを守りたいと思っています。

来年も作付けします。引き合い弱くてもつくります。


ヒマの種に抽出行程を行わないとそういう事件の凶器にはならないと思います。そんな抽出行程を行うのはよっぽどです。

ヒマは有毒植物で、お口に入れることは避けて頂きたいですが、
通常に花きとして扱う分には大丈夫です。

長くなりましたが、どうぞエロキモカワイイをお楽しみください。
宜しくお願いします。」
 

 


 

ミニー農場の大雨の報告

西日本の大雨災害のニュースが流れるたびに胸が痛くなる思いです。

皆様、ご無事でしょうか。さぞ大変なことでしょう。
香川ミニー農場にも岡山や愛媛ほどではありませんが、大雨が振り、栽培品種にも影響が出ている感じなので、報告いたします。

ハウスは無事でした。
セントーレア、仙人草は問題なく通常出荷できます。
露地物のアワ紅孔雀、花ヒエ フレイクチョコラータは水没及び倒伏した箇所が多数みられ、出荷数量が減ります。花穂は綺麗でも茎曲り系が出て、それは短くして出します。
次の作付け分も水没しましたが、復活してそうです。

出荷しだして、これからという感じだった、ドリコス ラブラブ ルビームーンとサマンサクローですが、実と花芽が飛んでしまい、今時期の出荷は見送ります。次の花芽形成まで待ちます。株は水没しましたが、株自体は問題ない感じです。

頭が痛いのは、ヒマのカルメンシータピンクとバジル全種です。
もう、収穫時期でした。
こちらも水没して、その後の高温でどんどん萎びて行く感じです。根っこが水にやられてしまってる感じです。全体が水落ちしてる感じです。
気候に慣れれて株の復活を願います。
ヒマのカルメンシータピンクの実自体は綺麗で切れるタイミングなので、殺菌剤を散布後切って出荷します。葉っぱは落とす感じです。ダラダラ切りを予定していましたが、今季だけは集中してだそうかと思っています。


以上、報告となります。
出せるものは出して行きたいと思います。
モグラネズミ等でやられていますが、他地域のブラックレーベル、パープル、レッドレーベルからも補うつもりで出していきたいと思います。
出荷数量がガクッと落ちるとは思いますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

アワ 紅孔雀 2018

いつもお世話になっております。Bouffier寺嶋です。

ミニー農場からアワ 紅孔雀を出荷開始しています。

フレイクチョコラータ同様ロングスパン出荷です。晩秋までの出荷を目論んでいます。

途中出荷が途切れることはあります。

作付け量はフレイクチョコラータよりは劣りますが、まあまあな量は作付けています。

 

ミニー農場の夜温が上がらず、いい具合に紅の色がのっています。

真夏の夜温が高いときは例年だと紅いろが薄くなり色ボケするときもあります。

その時は夏の表情と捉えていただきたくご了承願います。夏も夜温が下がってれば、色はのるはずです。

秋になると紅の色は乗り始め、晩秋になると見事に紅いろに染まります。まるで紅葉したかのようです。

その時は、秋色紅孔雀の名前で出させていただきます。

クリザールの前処理しています。

 

画像添付します。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

花ヒエ フレイクチョコラータ  リリース開始 2018

ミニー農場より今年も花ヒエ フレイクチョコラータを出荷します。
野花のエッセンスなどにいかがでしょうか。
種苗会社のカタログからは廃盤扱いになっている品種です。
数年前に10年分の種子をキープしている分からの播種です。
これからの品目だと思うのですが。
種苗カタログからグラス系がどんどん減っています。主要品目のボリュームは増えてはいます。
マーケット・リサーチする際は若い女性をターゲットにすると良いというのが自分の論ですが、
若い女性のマーケットはグラス系、草系がイケてると思うんですが。
ページ割りが主要品目の方が採算あうんでしょう。
大人の都合でしょう。しょうがないです。
Bouffierは逆に攻めていきたい。




今年も潤沢な作付けです。
今年の出来は今時点では良好だと思います。
豪雨が少ない讃岐地域で豪雨や台風で倒れることがありました。今年は倒れにくいように栽培方法をマイナーチェンジしてみました。
10月末位まで良くて11月中旬までのロングスパンでいきたいと思います。
できれば途切らせないようにしますが、途切れることもあると思います。その時はご了承ください。

画像添付します。
葉っぱの先は切っています。
クリザール前処理しています。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

試作 ブッドレア シルバーアニバーサリー

試作で、ブッドレア シルバーアニバーサリーのお花をミニー農場からお試し出荷してみます。

 

ブラックレーベルのラムズイヤーがスギナにやられて、回復していなく、Bouffierからのシルバー系が欲しいと思っていたところです。

 

どのステージで出荷するか悩むところです。

シルバーリーフ系で出荷しようか、でも、お花がカワイイので、極力お花の美を醸し出して行きたい。

蕾がいい感じで膨らみかけたとこで切ってみます。

 

ブッドレア シルバーアニバーサリーは木化植物なので、茎は硬いです。

 

水落ちも心配ですが(初荷なので)クリザール前処理で水を吸わせてゼリー付けて出荷です。

 

ドライフラワーにも可能かと思います。

 

画像添付します。

試作でごく少量出荷です。

よろしくお願いします。